toggle

協会のあゆみ

沿革

年 月 事 項
昭和31年9月 廿日市町体育協会発足
柔道部、剣道部、野球部、卓球部、陸上部の5部でスタート
昭和36年4月 バレーボール部が加盟
昭和37年4月 ソフトボール部が加盟
昭和40年4月 軟式庭球部が加盟
昭和42年4月 居合道部が加盟
昭和53年4月 硬式テニス部、ゲートボール部が加盟し、11部
昭和63年4月 市制施行に伴い「廿日市市体育協会」に名称変更
部制から協会(連盟)に呼称変更
スポーツ少年団9競技種目29単位団
昭和63年5月 第1回市民スポーツ大会を開催
平成 2 年4月 廿日市市空手道協会が加盟
平成 7 年4月 廿日市市生涯スポーツ協会が加盟
廿日市市インディアカ協会
廿日市市ソフトバレーボール連盟
廿日市市グラウンドゴルフ協会
平成10年4月 廿日市市サッカー協会が加盟
平成13年9月 事務局を廿日市市スポーツセンター内に開設
平成14年4月 廿日市市太極拳協会、廿日市市フィットネス協会、
廿日市市水泳連盟の3団体が加盟
平成15年4月 市町村合併に伴い佐伯町体育協会、吉和村体育協会と統合
佐伯地域連盟及び吉和地域連盟を設置
廿日市市スキー連盟が加盟
平成15年11月 NPO法人格取得「特定非営利活動法人廿日市市スポーツ協会」
平成16年4月 NPO法人廿日市パークゴルフ同好会が加盟
平成18年4月 市町村合併に伴い大野町体育協会、宮島町体育協会と統合
宮島地域連盟を設置
廿日市市バドミントン協会、廿日市市バウンドテニス協会、
廿日市市アーチェリー協会の3団体が加盟
23競技団体、3地域連盟
スポーツ少年団15競技種目50単位団
平成18年11月 協会設立50周年記念講演、記念式典、記念祝賀会を開催
平成19年4月 廿日市市ゴルフ協会が加盟

24競技団体、3地域連盟

スポーツ少年団15競技種目 52単位団

協会設立50周年記念事業の一環として協会記章の制作、
協会ホームページの開設

平成20年9月 廿日市市パークゴルフ場指定管理開始(平成23年3月まで)
平成21年4月 現在の加盟団体数

23競技団体、3地域連盟
スポーツ少年団14競技種目 49単位団

平成22年4月 現在の加盟団体数

23競技団体、3地域連盟
スポーツ少年団14競技種目 50単位団

平成23年4月 現在の加盟団体数
23競技団体、3地域連盟
スポーツ少年団14競技種目 52単位団
平成23年4月 廿日市市パークゴルフ場指定管理開始(平成28年3月まで)
平成24年4月 現在の加盟団体数
23競技団体、3地域連盟
スポーツ少年団13競技種目 52単位団
平成25年5月 第26回市民スポーツ大会他、廿日市市制施行25周年記念事業並びに廿日市市スポーツ協会NPO法人移行10周年記念事業として開催
平成26年4月 現在の加盟団体数
23競技団体、3地域連盟
スポーツ少年団13競技種目 50単位団
平成27年4月 現在の加盟団体数
23競技団体、3地域連盟
スポーツ少年団13競技種目 50単位団
平成28年4月 廿日市市パークゴルフ場指定管理継続(平成33年3月まで)
廿日市市パークゴルフ協会が加盟
24競技団体、3地域連盟
スポーツ少年団13競技種目 50単位団
平成28年9月 協会設立60周年記念式典、記念講演、記念祝賀会を開催
平成29年4月 現在の加盟団体数
24競技団体、3地域連盟
スポーツ少年団13競技種目 47単位団

歴代会長

任  期 氏  名
昭和31年 ~ 昭和39年3月 中島 勇夫
昭和39年4月 ~ 昭和45年3月 豊田 正夫
昭和45年4月 ~ 昭和49年3月 一郷 喜代三
昭和49年4月 ~ 昭和54年3月 半明 英夫
昭和54年4月 ~平成23年3月 大野 國夫
平成23年4月 ~平成26年3月 平上 則男
平成26年4月 ~ 現在に至る 古田 正貴